IPM国際特許商標事務所ブログ


令和元年意匠法改正の特設サイトを作成(特許庁)

特許庁は、令和元年意匠法改正の特設サイトを作成し、意匠法改
正に関する最新情報を紹介しています。
https://www.jpo.go.jp/system/design/gaiyo/seidogaiyo/isyou_kaisei_2019.html

意匠法は大幅に改正され、保護対象の拡充、関連意匠制度の見直
し、意匠権の存続期間の変更などが行われました。意匠法改正は令
和元年特許法等の一部を改正する法律として公布され、ほとんどの
規定は本年4月1日から既に施行されています。
今回の法改正の大きな特徴として、保護対象の拡充があげられま
す。これまで意匠法の保護対象は「物品」に限られ、不動産や個体
以外のものなど「物品」でないものは保護されませんでしたが、本
改正により、「物品」のデザインに加え、物品に該当しない建築物(店
舗、ビル、橋)やクラウド上の画像デザインも保護対象とされ、建
築物の内装も登録できるようになりました。
具体的には、画像では、商品購入用の画像や時刻表示用画像、建
築物では、博物館やホテル、内装では、店舗の内装や渡り廊下の内
装などの登録が可能となりました。
新たに保護対象となった意匠の出願状況については、多くの企業
から高い関心が示されているとして、特許庁はサイトで「画像」「建
築物」「内装」の意匠登録出願件数を公表しました。

◇新たな保護対象についての意匠登録出願件数
(令和2年7月1日時点で取得可能なもののみ)
「画像」: 239件
「建築物」: 133件
「内装」: 98件




ノーベル賞の本庶教授が特許使用料めぐり提訴(大阪地裁)
知財侵害品の輸入差し止め、五輪グッズの模倣品が増加(財務省)
UCCのミルクコーヒーが「色彩のみからなる商標」登録
改正意匠法等、2020年4月1日施行
店舗の外観・内装を立体商標で保護へ(特許庁)
AI関連発明とビジネス関連発明
●人工知能(AI)関連特許の出願件数が増加(特許庁)
平成30年度の特許出願技術動向調査を公開(特許庁)
大企業の知的財産の不当取得など調査(公正取引委員会)
改正意匠法が成立!主な改正ポイントを説明します。
calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ホーム | 事務所概要 | アクセス | 弁理士紹介 | ご依頼方法 | 料金一覧  | お問い合わせ | お役立ちリンク
特許・実用新案 | 意匠登録 | 商標登録 | 知的財産法務 | 知財情報サービス | 外国出願 | セミナー・取材・著書 | 知財経営コンサルティング | ブログ
IPM国際特許商標事務所
〒530−0001 大阪市北区梅田1丁目11番4号  大阪駅前第4ビル15階  TEL(06)6346-0182  FAX(06)6346-0183